保育サービス

保育サービス

病後児保育

風邪や下痢、感染症の病後など、外見では比較的元気そうに見えても、あと少し自宅で安静が必要と診断される病気回復期のお子さまで、集団保育を受けるには、あと少しの日数が必要な時期を、保育士・看護師等が専用の保育室で日中一時的にお預かりするものです。

又は病気の回復期にある就学前の児童を、専用の保育室で保育士・看護師などの専門スタッフがお預かりするサービスです。原則として1日2,000円(減免制度があります。)

0歳児保育

産休明けの生後2ケ月から受入れ、授乳、離乳食などは保護者と相談しながら個々に合わせて対応しています。

延長保育

保育園部の標準時間の方は18時から19時00分までが延長保育時間となります。

保育園部の短時間の方は16時から19時00分までが延長保育時間となります。

幼稚園部は14時から18時00分までが延長保育時間となります。

障がい児保育

軽度の障がい児を受け入れています。今までに言葉の遅れ、多動傾向児等を受入れ、統合保育を行っています。

ページトップへ戻る