土肥ホームトピックス

土肥地区の「介護予防」の取り組みを応援しています。

[2018/03/15]

こんにちは。土肥地区地域包括支援センターです。【通称:土肥包括(といほうかつ)です】

昨今の土肥地区は、図表のように人口動向や高齢化率などから少子高齢化が顕著に表れています。65歳以上の人口は年横ばいに対し、64歳以下の人口は減少。つまり、支える側が急激に減っている現状があります。

180222-netto03.png

その課題に対する対応策の一つとして、「なるべく支えられる側にならないように・・・健康寿命を伸ばそう!」をテーマに、現在地区内の4箇所で「ロコトレOB会」が活発に開催され、介護予防への取り組みが広がっています。

3月7日(水) 伊豆市保険課の協力の下、土肥地区内で開催されている地域主体の運動教室「ロコトレOB会」の2箇所(コスモス会(小下田)・さくら会(土肥))でインボディー測定と測定結果の見方についての説明を行いました。

    180307-inbo  02.jpg.jpg  180307-innbo     04.jpg.jpg  180307-innbo 03.jpg.jpg  

 180307-inbo 06 (1).jpg  180307-inbo 06 (2).jpg

今回のインボディー測定と測定結果の見方についての説明会開催の背景には、昨年11月に土肥包括主催で開催された「ロコトレOB会の関係者との井戸端会議(協議体)」であがった意見が反映されています。

「ロコトレOB会の関係者との井戸端会議(協議体)」では、「InBody測定の会場まで足を運べない住民がいる」「運動継続による筋力等の変化を数値的にも確認して実感したい」という意見がありました。土肥包括から伊豆市の関係課に対して、地域での介護予防の活動状況を含め、InBody測定の機会拡大として、各ロコトレOB会の会場で測定できるよう提案したところ、伊豆市保険課等の協力が得られ、今回コスモス会(小下田)・さくら会(土肥)でインボディー測定ができる運びとなりました。

来年度は、各ロコトレOB会(地区内4箇所)の、どの会場でもインボディーの測定ができるような取り組みを検討しています。

今後も土肥包括は、住み慣れた土肥でいつまでも元気に暮せる為に必要な「介護予防」への取り組みを応援していきます。

Copyright © TOI HOME, All rights reserved.

ページトップへ戻る