土肥ホームトピックス

地域のケアマネージャー支援:「事例検討会」及び「意見交換」

[2017/12/27]

こんにちは。土肥地区地域包括支援センターです。【通称:土肥包括(といほうかつ)】

隣接する天城湯ヶ島地区地域包括支援センターと共同して、天城湯ヶ島地区及び土肥地区におけるケアマネージャーの皆様のケアマネジメントの資質向上やネットワークの構築を目指し、「事例検討会」及び「意見交換」を開催しています。

12月15日(金)土肥支所4階集会室にて (参加者15名)

今回は天城地区のケアマネージャーさんに事例を提出していただき、土肥地区のケアマネージャーさん達とインシデント・プロセス法を活用して検討しました。

171215-jirei.jpg.JPG

今回の事例は、昨今世間で課題になっている、8050問題(80歳台の親と50歳台の子の世帯)・認知症介護・認認介護(認知症の高齢者が認知症の高齢者を介護する)・借金・生活困窮世帯等・・・。

個人や制度では解決できない難しい問題を抱えた世帯に対してケアマネージャーとしてどう向き合うべきか?

「介護保険サービスのみでは解決はできないので地域ケア会議を活用」「認知症高齢者への対応の模索」「多職種共同で支援をして課題を整理、各課題に対して役割分担していく」「地域課題を関係者へ発信していく」「各種制度の活用」等、インシデント(実際に起こった出来事)をもとに、参加者が事例提供者に質問することで出来事の背景や原因となる情報を収集し、問題解決の方法を時間の許す限り検討しました。

前回の事例検討会の様子はこちら

土肥包括は、今後も事例検討会等を通じて、地域のケアマネージャーさん達の実践力向上やネットワーク構築等の支援をしていきます。

土肥地区地域包括支援センターの詳細はこちら

Copyright © TOI HOME, All rights reserved.

ページトップへ戻る