新年明けましておめでとうございます。

[2018/01/01]

平成30年となりました。皆様明けましておめでとうございます。

今年は戌年です。昨年の酉年は「とり→取りあるいは採り」となり、収穫や商売繁盛の年でしたが、一方今年はその後を守る「守りの年」と言われております。

私は昨年の4月から天間荘に就任いたしましたが、環境や地域のニーズ、スタッフなどが今までと変わる中で多くのことを学びました、慣れないことで周りの皆様にはご迷惑をかけたかと思いますが、私自身としては実りの多い昨年であったと思っています。

そして今年は正に我々にとっても「守りの年」と感じています。これは保守的に旧来やってきたことを守るということではありません、高齢者福祉の現状は慢性的な人手不足や競争激化、報酬の減少など、考えるだけでも将来不安な要素ばかりです。さらにこれからも様々な環境の変化も起こりえる状況です。しかし、我々はご入所者様の生活、あるいは地域のご利用者様の生活を守ることが役割です。そのために必要であれば自らを変革していかねばならない、という気持ちをもってやっていこうということであります。

天間荘は今年も頑張って参ります、本年もよろしくお願いいたします。

                                     社会福祉法人 信愛会 特別養護老人ホーム 天間荘   

                                                   施設長 杉山 昌弘    

Copyright (C) TENMASO., All rights reserved.

ページトップへ戻る