ぬまづホームの日々

研修報告

[2018/11/01]

10月24日(水)、秋の感染症研修と医療に関わる研修「今はこうする!」~医療に関する豆知識~というテーマで2つの研修会を行いました。職員全員に参加してもらうため、同じ研修を10月31日(水)にも開催しました。

【感染症研修】

感染症研修は年2回、春と秋に毎年必ず開催しています。

今年の春は、感染症の標準予防策を中心に演習も含めて行いました。(下の写真は春の感染症研修の様子です)

H30.5.15 023.JPG H30.5.15 014.JPG

今回の研修では、冬季に流行する主な感染症としてインフルエンザ、ノロウイスルによる感染性胃腸炎について学びました。

そして、ご利用者が体調不良にておう吐や発熱などの症状があった時の対応を『ぬまづホーム感染対応マニュアル』を見ながら確認を行いました。

CIMG5191.JPG

職員1人ひとりがしっかりと自己管理を行うことで、職員が施設内に持ち込まないようにすること、施設内に罹患者が出たとしても拡大させないようにすること、この2点に気を付けながら、流行を防ぎ冬季を乗り切りたいと思います。

ぬまづホームでは、冬季(11月~3月)の間は全職員のマスク着用を必須とします。また、施設にご来訪の皆様にはマスクをご持参の上、着用いただくことをお願いしています。ご持参のない方は遠慮なく職員にお声かけ下さい。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【医療に関わる研修『今はこうする!』~医療に関する豆知識~】

医療に関わる研修として、様々なテーマをもとに今年から新たに始めた研修です。第1回目の内容は、昔は当たり前に行っていたことが今は不要だったり間違いだったことなど、日々の業務に重ねながら講義を聞きました。

CIMG5189.JPG

医学・医療器具の進歩、福祉制度の改正、福祉機器の導入により医療的処置・介護技術も変化し、日々新たな知識や技術の習得が求められます。これからも研修を通じて知識、技術の向上につなげていきたいです。

【研修委員】佐谷さや 知恵子ちえこ田谷たや 茂子しげこ

)

Copyright © NUMAZU HOME., All Rights Reserved.

ページトップへ戻る