ぬまづホームの日々

全体研修「マナーセミナー」開催しました。

[2017/12/15]

12月12日火曜日、中北薬品株式会社マナーインストラクター部の田代公子様にお越しいただき、ぬまづホーム全職員を対象に「マナーセミナー」を開催しました。今回は福祉施設におけるマナーを考えるという視点から、好感・安心感を与えるマナーの基本についてご講義いただきました。

h29.12.12 074.jpg

まずは『さわやかマナー度自己診断』をチェックしたあと、気持ちのいい挨拶、優しい表現方法について職員2人ペアになって実践しました。

h29.12.12 080.jpg h29.12.12 079.jpg h29.12.12 096.jpg

h29.12.12 093.jpg h29.12.12 098.jpg h29.12.12 094.jpg

感染予防のためマスク着用して受講しましたが、実践の時だけマスクを外してペアの職員同士で顔の表情を観察し合いました。

講師の先生からは、マスクを付けたままでも笑顔が相手に感じ取れるようにとご指導いただきました。

人の第一印象は、一般的に相手の視界に入ってから6~7秒で決まり、2年間潜在意識に残るそうです。

マナーとは『相手に対する思いやりや気持ちが形になったもの』。そして、職員1人の印象が施設全体の印象、職員1人のマナーが施設全体のマナーと判断されてしまうとのことでした。ご利用者の皆様やそのご家族様が、気持ちよく安心してぬまづホームのサービスをご利用いただけるよう今回のマナーセミナーで学んだことを活かしていきたいです。

研修委員 西澤にしざわ幸子さちこ

)

Copyright © NUMAZU HOME., All Rights Reserved.

ページトップへ戻る