グループホーム和みの家

私たちの取り組み

私たちの取り組みサービス案内利用・入居について和みスタッフよりよくある質問

グループホームは家庭に近い環境の中で、皆で協力しながら暮らしているところです




 毎日職員と一緒に洗濯物を干したり掃除をしたり、1人1人ができることや得意なことを行うことで支え合い暮らしています。洗濯物の干し方・たたみ方や掃除の仕方・野菜を刻む包丁使い・味つけ等、身についた習慣と“生活の知恵”を日々の暮らしで活かしています。

 また、居室には使い馴染んだ家具や大切にしてきた物を持って来ていただき、1人でくつろいで過ごせる場所になるよう心がけています。

 開設以来10年以上が経ち、地域の保育園・幼稚園・老人会とは交流会を通じての関わりが深まり、定期的に訪問して下さるボランティアとは顔なじみの関係をつくっています。


小規模多機能ホーム和みの家

私たちの取り組み

私たちの取り組みサービス案内利用・入居について和みスタッフよりよくある質問

住み慣れた自宅での生活を続けるために・・・




誰もが年をとっても介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域の中で家族や親しい人たちとともに、最期までその人らしい人生を送りたいと望んでいます。そうした自宅や地域での生活を送り続けたいという高齢者や家族の願いに応えます。  今日は、出かけて友達とおしゃべりがしたい。明日は家族がいないから泊まっていこう。自宅での困りごとを、ちょっとお手伝いして欲しい。など、ご本人が生活を続けるため、「通い」「宿泊」「訪問」といったサービスを組み合わせて、「自宅で継続して生活するために」必要な支援をしていきます。