戸田デイの日々

戸田デイの日々

土肥戸田全体研修会 ~認知症の方の心をつかむケアとは何か~

[2019/09/12]

戸田デイサービスセンターでは土肥ホームと合同で「業務の標準化と帰属意識を高める」「研修を通し、職場の活性化と職員のスキルアップにつなげる」ことを目標に全職員を対象として全体研修会を開催しています。

~過去の研修の様子はこちら 認知症の人の立場になって考える」「アンガーマネジメント」「スピーチロックのない介護に向けて」「感染症の蔓延予防について」「認知症ケアの意識を高める」「事業説明会」をご覧下さい ~

2019.09.10zenntaikennsyuu1.JPG 2019.09.12zenntaikennsyuu2.JPG

今回の研修では「認知症の方の心をつかむケアとは何か」をテーマに、現在グループホームで取り入れているユマニチュードという技法についての講義と実践報告、グループワークを通じて理解を深め、今後の業務にいかすことを目的に開催しました。研修会の実践報告では、帰宅願望の強い入居者へのアプローチとして「寄り添う言葉がけ」という視点で関わり方を見直した成功事例が報告されました。見守る際には、不快を与えない位置で見守り、寄り添い、言葉をかける際の顔の位置や距離感などを試行錯誤した結果、コミュニケーションが円滑になり、信頼関係の構築に繋がった事例を共有しました。また、グループワークでは、言葉をかける際の位置関係による違いを体験したり、事例検討を通じて意見交換を行いました。

私たち介護施設にとって、重要な課題の一つである認知症介護への対応。今回の研修で学んだユマニテュードの技術を高めつつ、「寄り添うとはどういうことか?」と言うことを常に考えながら、介護を受ける方、介護を提供する私たち双方が心温まるケアを目指して取り組んでいきます。

Copyright © HEDA DayServiceCenter., All Rights Reserved.

ページトップへ戻る